極小ガーデニング

2018.06.19 Tuesday

 

DSC04710.JPG

初夏を前に植木の植え替え。

イギリス人の最大の趣味はガーデニングです。

小さな庭でもなかなか凝って工夫しています。

毎年借りていた北のB&Bの庭はサッカー場ほど有りました。

 

 

DSC04711.JPG

入り口の両サイドは恵比寿より移したポップブッシュが元気に花を咲かせていますが、

このコーナーは日当たりが良くないせいか、あまり持たないで3回目の入れ替えです。

 

 

 

DSC04712.JPG

椅子に隠れて気づかないお客さんが多いのですが、店内ディスプレイ同様 

細かい所に気遣うのがテインズなのです(自画自賛)。

 

以上初夏のお便りでした。

 

 


新入荷

2018.06.10 Sunday

DSC04657.JPG

ロンドンよりアクセサリー・グラス等ゴチャゴチャと入りました。

梅雨シーズンに気分が晴れる? アクセサリーはいかがですか?

また、夏に向けて可愛いグラスも沢山入荷。

 

まずは可愛いアクセサリーの一部をご覧ください。

ブルーのガラス・孔雀 ちょっと大きめで迫力があります。

 

 

DSC04659.JPG

ブルー系のブローチ いろんなデザイン・材料で楽しい。

品のいいこと。大人な感じでしょうか!

 

 

DSC04664.JPG

こちらは赤むらさき系

もっと大人な感じでしょうか?どっちが大人だって〜

 

 

DSC04674.JPG

この他いろいろ有り

買い占めたい人はお早めに!    

                      ブローチ各種 ¥3,800〜6,800 

 

 

 

 

 


ロイヤルウエディング

2018.05.18 Friday

 

DSC_0195.JPG

いよいよ明日に迫った ヘンリー王子の結婚式

ウインザー城とウインザーの町はさぞ盛り上がっていることでしょう。

次男という事でハリー、ハリーと親しまれているようです。

 

 

DSC_0194.JPG

重厚な正面入口

一度大火にみまわれましたが、再建されもとの威厳を保っています。

この日は女王旗が立っていなかったのでエリザベス女王は留守のようです。

 

 

 

DSC_0193.JPG

観光名所なので沢山のひとびとが訪れています。

裏には広大な庭が有り、明日の馬車パレードで見ることが出来ると思います。

 

 

DSC_0197.JPG

城壁の外に長いベンチが?

これは常設のようです。こんな所にACコブラが!

 

 

DSC_0196.JPG

この街で有名なカフェ。

17世紀の民家でかなり傾いていて名所になっています。

 

明日は10万人が訪れるそうで、大変な盛り上がりになることでしょう。

 

お祝いグッズも色々作られていますので、

ロンドンからの荷物に何か入っているかも?

 

 

 

 

 

 


アンテーク ボート

2018.05.04 Friday

 

G9048¥285,000h490w1010d250.JPG

今回の買い付けで見つけたクルーズ船

クルーズといえばライン川クルーズやセーヌ川が有名です。

日がな一日川下りは贅沢な船旅で、一度は行きたいものです。

こんな模型も珍しい、激レアです。

 

 

DSC04535.JPG

ケースに入っていたせいか、汚れも無く良い状態です。

ロンドンのキングス・ロードに有名なモデルショップが有り

よく見学(高くて手が出ない)に行きました。

イギリスで船模型と言えばヨットタイプのポンドヨットがほとんどです。

 

 

DSC04536.JPG

細部まで丁寧に作られています。操舵室のデザインが何となく南の雰囲気?

もしかするとナイル川クルーズか、だとするとポアロに出てくるクルーズ船か???

 

 

DSC04537.JPG

後ろのキャビンではゲストが懇談する風景が思い浮かびます。

見ているだけでいろんな物語が作れそうです。

 

                    G9048¥285,000 H490 W1010 D250

                   

 

 

 

 

 

 


旅の途中 その2

2018.04.24 Tuesday

 

IMG_6844.JPG

毎年 回っているイングランド中央部

多少の起伏は有るものの真っ平らです。

天気が良ければご覧のとおり、どこまでも空が続きます。

 

 

IMG_6569.JPG

こんな平らな土地を静かに川が流れています。

この川を利用して川と川を掘って運河にしていました。

産業革命で鉄道が出来るまで物の運搬を運河で繋いでいました。

 

 

IMG_6565.JPG

流通の起点となった所には船を係留するたまり場が有り、

鉄道が出来るとその近くに駅も出来ていたようです。

 

 

 

IMG_6569.JPG

穏やかに流れる運河、どちらの方に流れているのか?

淵は散歩道になっています。

昔は船を牛、馬が引いていたので、道が残っています。

 

 

 

IMG_7095.JPG

運河の終着地。

ここから先は渓流になっていました。(とても珍しい場所)

 

 

IMG_6566.JPG

今は主に旅行用のナローボートが係留されています。

船名のロゴがカッコいいですよね。

船旅も人が歩く程のスピードで進みます。

 

 

IMG_6568.JPG

水草に水鳥、たまに釣りをする人も。

一日居られる場所です。

しかし、仕事が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


旅の途中

2018.04.10 Tuesday

 

IMG_6845.JPG

買い付けはトラック(ミニバン)で廻るのでイギリスの田園風景を楽しむ余裕はあまりありません。

しかし、どこを切り取っても景色に癒やされたり、感動したりします。

 

アンティークフェアーの大駐車場。

車を降りてふと見上げるとこんな優しい雲が!

 

 

IMG_6873.JPG

平な国土のイギリスでは川は静かに流れていて、ほっとします。

春は花・秋は紅葉が綺麗です。

赤く色づいて居るのはヘンリー蔦でしょうか?

 

 

IMG_6954.JPG

モーターウェイは余計な看板も無く快適です。

 

交差点もランナバウトと言って信号のない所がほとんどなので、

時間当たりの距離がかなり走れます。

 

日本と同じ左側通行なので気分的に楽です。

 

 

IMG_7103.JPG

何処に行っても広大な公園が!

秋の短いイギリスでは紅葉もあっと言う間です。

 

 

IMG_7106.JPG

丘の上のマナーハウス 斜面は牧草地です。

こんな山の様な所は非常に珍しい風景です。

 

この景色が有るから毎年重労働でも行けるのです。

 

 

 

 


買い付け旅

2018.03.27 Tuesday

 

IMG_7045.JPG

2年ぶりに来ました、リンカーンのカテドラル。

買い付けではほとんど観光らしき事が出来ないのですが、

夕方 少し時間があったので町をぶらぶら。

 

 

IMG_7048.JPG

トム・ハンクスの映画 ダビンチ・コードの撮影にも使われた教会で

中にも入る事ができました。

外部は老朽化であちこち修繕をしているようでわれわれも少し寄付をしました。

 

 

IMG_7044.JPG

丘の上の旧市街にあるインフォメイションセンター。

チューダ―の建物18世紀初頭か?

柱もかなり曲がっています。

 

 

IMG_7009.JPG

町の南には運河が有り 遊覧船とクルーザーが沢山泊まっています。

淵に立つとすぐに白鳥が寄ってきました。

 

 

IMG_7006.JPG

今回泊まったホテルがこの運河の辺りなので、とても癒やされました。

水辺はやはりいいですね。

イギリスはあちこちに運河や池が有るので、この国が好きな一部になっています。

 

 

IMG_7005.JPG

夕暮れのハーバー夕方9時ぐらいです。

 

 

IMG_7004.JPG

何時もはBandBが多いので、こんな高級ホテルは久しぶりです。

疲れを癒やすには少し贅沢するのも良いかも?

 

 

 

 


ガレージグッズコレクター

2018.03.19 Monday

 IMG_7074.JPG

ガレージグッズを扱うショップはほとんど無くなってしまいました。

 

今回 見つけましたよ。

雑誌に小さな案内が有り、ポストコードで近くまで行きましたが見つけられず

電話で4回程やり取りして、最後は通りまで出てきてもらい、やっとのことで到着。

 

路地の奥 看板も出ていませんでした。

 

 

IMG_7082.JPG

古い納屋をそのままショップに、部屋数は7個、母屋の方に2部屋

膨大かコレクションです。

 

20年掛けて集めたそうで、店主はまだ30代後半のようです。

 

細かく値段は付いていないので、いちいち聞かなければならないめんどくさいショップです。

何故か 知り合いのショップの看板が?

 

 

IMG_7084.JPG

オイルタンクのコーナー それなりの風合いを漂わせています。

ホーロー看板も大きいもの、レアーな物ありますが、値段はなかなかで買えませんでした。

 

 

IMG_7089.JPG

昔はロンドンのカムデンなんかにもこういう店あったのですが。

今は見なくなったサイン 有りました。

 

 

IMG_7090.JPG

大きすぎて日本では売れない物はアメリカへ行ってしまうのでしょうか?

頑張って店を続けて頂きたいと思いました。

 

 

 

 


釣り竿入れ

2018.03.02 Friday

DSC04302.JPG

釣り竿入れ兼ブランケットボックス兼ローテーブル のご紹介

1900年初頭のブランケットボックスを釣りの道具入れにした物

天板の釣り竿とクリールがリアルに絵描がれています。(コレだけでもかっこいい。)

 

 

 

DSC04303.JPG

インダストリアルのトロリーに載せると、テーブル(ソファー用)として

いい高さになりました。

 

 

DSC04309.JPG

台車のトロリーも小ぶりで珍しく仕上げもいい感じになっています。

 

 

DSC04312.JPG

物が入れられるテーブルとしても活用できます。

別々に仕入れた物ですが、ベストマッチングではないでしょうか。(自画自賛)

 

                                         ボックス  G8991 SOLD H270 W900 D370

 

                                         トロリー    G2446¥62,000   H240 W730 D320

 

 

 

 

 

 

 


オールドマップ

2018.02.13 Tuesday

DSC04216.JPG

古地図はコレクターズアイテムですが、18世紀以前の地図は

額装されていて、値段もなかなかな物が多いです。

この地図は多分、学校などで使われた教材ではないかと?

布の裏打ちがされていて保存状態がとても良い物です。

 

 

DSC04223.JPG

しかも私が仕入れで回っている範囲の地図なので嬉しくなって買ってしまいました。

1940〜50年代の物だと思われます。

 

 

DSC04219.JPG

毎年大きなフェアーを目指して行きますが、

リンカーン州の州都リンカーンの町は何回も訪れています。

城と大聖堂は丘の上に在ってかなり遠くから見えます。

 

この町から北に伸びる道はイギリス一番長い直線道路と言われています。

町の話は次回・・・

 

                    G9039¥58,000 H1270 W1020                  

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode