アンテーク ボート

2018.05.04 Friday

 

G9048¥285,000h490w1010d250.JPG

今回の買い付けで見つけたクルーズ船

クルーズといえばライン川クルーズやセーヌ川が有名です。

日がな一日川下りは贅沢な船旅で、一度は行きたいものです。

こんな模型も珍しい、激レアです。

 

 

DSC04535.JPG

ケースに入っていたせいか、汚れも無く良い状態です。

ロンドンのキングス・ロードに有名なモデルショップが有り

よく見学(高くて手が出ない)に行きました。

イギリスで船模型と言えばヨットタイプのポンドヨットがほとんどです。

 

 

DSC04536.JPG

細部まで丁寧に作られています。操舵室のデザインが何となく南の雰囲気?

もしかするとナイル川クルーズか、だとするとポアロに出てくるクルーズ船か???

 

 

DSC04537.JPG

後ろのキャビンではゲストが懇談する風景が思い浮かびます。

見ているだけでいろんな物語が作れそうです。

 

                    G9048¥285,000 H490 W1010 D250

                   

 

 

 

 

 

 


ガレージグッズコレクター

2018.03.19 Monday

 IMG_7074.JPG

ガレージグッズを扱うショップはほとんど無くなってしまいました。

 

今回 見つけましたよ。

雑誌に小さな案内が有り、ポストコードで近くまで行きましたが見つけられず

電話で4回程やり取りして、最後は通りまで出てきてもらい、やっとのことで到着。

 

路地の奥 看板も出ていませんでした。

 

 

IMG_7082.JPG

古い納屋をそのままショップに、部屋数は7個、母屋の方に2部屋

膨大かコレクションです。

 

20年掛けて集めたそうで、店主はまだ30代後半のようです。

 

細かく値段は付いていないので、いちいち聞かなければならないめんどくさいショップです。

何故か 知り合いのショップの看板が?

 

 

IMG_7084.JPG

オイルタンクのコーナー それなりの風合いを漂わせています。

ホーロー看板も大きいもの、レアーな物ありますが、値段はなかなかで買えませんでした。

 

 

IMG_7089.JPG

昔はロンドンのカムデンなんかにもこういう店あったのですが。

今は見なくなったサイン 有りました。

 

 

IMG_7090.JPG

大きすぎて日本では売れない物はアメリカへ行ってしまうのでしょうか?

頑張って店を続けて頂きたいと思いました。

 

 

 

 


釣り竿入れ

2018.03.02 Friday

DSC04302.JPG

釣り竿入れ兼ブランケットボックス兼ローテーブル のご紹介

1900年初頭のブランケットボックスを釣りの道具入れにした物

天板の釣り竿とクリールがリアルに絵描がれています。(コレだけでもかっこいい。)

 

 

 

DSC04303.JPG

インダストリアルのトロリーに載せると、テーブル(ソファー用)として

いい高さになりました。

 

 

DSC04309.JPG

台車のトロリーも小ぶりで珍しく仕上げもいい感じになっています。

 

 

DSC04312.JPG

物が入れられるテーブルとしても活用できます。

別々に仕入れた物ですが、ベストマッチングではないでしょうか。(自画自賛)

 

                                         ボックス  G8991 SOLD H270 W900 D370

 

                                         トロリー    G2446¥62,000   H240 W730 D320

 

 

 

 

 

 

 


オールドマップ

2018.02.13 Tuesday

DSC04216.JPG

古地図はコレクターズアイテムですが、18世紀以前の地図は

額装されていて、値段もなかなかな物が多いです。

この地図は多分、学校などで使われた教材ではないかと?

布の裏打ちがされていて保存状態がとても良い物です。

 

 

DSC04223.JPG

しかも私が仕入れで回っている範囲の地図なので嬉しくなって買ってしまいました。

1940〜50年代の物だと思われます。

 

 

DSC04219.JPG

毎年大きなフェアーを目指して行きますが、

リンカーン州の州都リンカーンの町は何回も訪れています。

城と大聖堂は丘の上に在ってかなり遠くから見えます。

 

この町から北に伸びる道はイギリス一番長い直線道路と言われています。

町の話は次回・・・

 

                    G9039¥58,000 H1270 W1020                  

 

 

 

 

 

 


風景画

2018.02.05 Monday

 

DSC04122.JPG

久しぶりで油絵を仕入れました。前回のノーフォークの空とは一味違う風景です。

フランスの田園風景で水辺と農家と森、要素が揃っています。

 

 

DSC04124.JPG

サインは有りますが作者不詳です。50〜60年前の作品のようです。

額もオリジナルだと思われます。

 

 

DSC04126.JPG

購入時雨降りの屋外で売っていたのですぐトラックに入れて、無事に日本へ。

 

 

DSC04129.JPG

壁が埋まって居るテインズなので、場所を開けるのに一苦労。

 

 

DSC04131.JPG

なんとか飾りましたよ!

とても癒やされる絵です。

是非ご覧ください。

                    G9047¥280,000 H740 W1340 D80

                              フランス 1950年代頃

 

 

 

 


ミルの話

2017.12.22 Friday

 

IMG_6955.JPG

イギリスにはミルと呼ばれている施設が有ります。

 

ミルは水車小屋で運河の脇や谷間の渓谷などにあり

水車で粉をひいたり発電する所もあったようです。

 

大きな施設でマーケットに利用され、

一部にアンテークセンターが入っていることが多々あります。

 

このオールドウォーターミルも6000スクエアーフィートもある建物の中に

アンテークからギフトショップまで入っていて近郊の人々の憩いの場所になっています。

 

 

IMG_7095.JPG

こちらは以前買付に寄っつたパインの街アシュボーン近くのクロフォードミル。

運河の始まりの施設で発電をしていたようです。

 

 

IMG_7096.JPG

周りを山囲まれた谷間で水が湧き出す所にこの施設があって、

今ではヘリテージと呼ばれる歴史遺産になっています。

 

ここにもアンテークショップが2件ありました。

さすがイギリスですね。

 

 

IMG_6978.JPG

ここは毎年テインズが落としたくなる様なグッズが出るオークション会場。

 

ロンドンから4〜5時間かかりなかなか来れないところですが、

ちょっと良い情報が有り行くことに!

 

古い製鉄場と蒸気機関車の修理工場があり、保存鉄道が運行されていました。

(イギリスでは保存鉄道が100箇所以上残っています)

 

 

IMG_6989.JPG

駅舎も保存されていてホーロー看板が貼ってありました。

汽車が出発した後でした。

残念乗りたかった!

 

 

IMG_6990.JPG

構内には古い機関車が。

ここにも大きいアンテークセンターがあり、オークションの合間に物色。

良い物見つけましたよ。

 

 

 

 

 


2017買付 

2017.10.30 Monday

 

DSC03665.JPG

ぼちぼち! エアー便が到着しはじめました。

 

手前のミニチュアマイセン カップ&ソーサー

クランベリーガラスのジャムデッシュとその下のフランス製の楕円木トレイ

などなど

レアーもの 満載? ですよ。

 

 


買付帰国2017

2017.10.23 Monday

 

DSC03557.JPG

高齢 の長期買付より帰って来ました。

今回は年に数度のアドバタイジング物のオークションに行けましたよ!

エナメルサインや広告物の値上がりには驚きました。

この時期日本人バイヤーが多いのですが、あまり見かけず、韓国・中国が頑張っていました。

 

 

DSC03558.JPG

日本は連日雨だったようですが、イギリスもあまり良い天気ではなっかたけど

雨(シャワー)は2日程で曇りの連続でした。

しかしそんなに寒くなく過ごせました。

 

手持ちの大荷物でまた店がイッパイ?

4日程残業して値付けも終わりました。

 

これからエアー便と船便が順次来ますよ。

気になる人はお早めに!

 

 

 

 


帆船の話

2017.08.31 Thursday

DSC03408.JPG

最近 入荷の帆船

イギリスではポンドヨットはよく見かけますが、帆船はなかなか出てきません。

パイレーツ・オブ・カリビアン さながらのイギリスの軍艦(海賊船?)です。

 

 

DSC03413.JPG

バウ(舟先)にはマーメイドの飾りが付いています。

細かい飾りは真鍮でできています。

 

 

DSC03415.JPG

大砲等細かい細工も木で作られています。

 

 

DSC03417.JPG

テンダー(小舟)も同じ色に塗ってあります。

 

 

DSC03419.JPG

船尾にも優雅な飾りとランタンが付いています。

窓の奥は船長の部屋でしょうか?

 

 

DSC03420.JPG

ロープは少し劣化しているので切れてしまった所がありますが、

直して行くのも、面白いかも?

 

 

DSC03421.JPG

お楽しみはこれからです。

 

           G8405¥58,000 H700 W250 D820

 

 

 

 


オールドメガネ

2017.08.14 Monday

 

DSC03351.JPG

ロイドめがねでおなじみの丸めがねを紹介します。

 

時代の流行で縁が太くなったり細くなったり忙しいようですが、

1900年代には今のような丈夫な材料が無かった為、スチールや金が主流でした。

レンズも加工し易い丸がほとんどです。

 

イギリス人は顔が小さく横幅が狭いので、子供用かと思うほど幅が狭いです。

 

画像上 9金の丸型 G5540¥6,000- 

  下 レンズ部分にセルロイドを巻いた物 G7395¥12,000-

 

 

 

DSC03352.JPG

ケース付きのスチール製

めがね掛けているのは日本人というイメージです。

確かに白人はめがねのイメージ無いですね。

 

画像 上 G5539¥6,500-(ケース別)

   下 G4779¥8,500-(ケース付き)

 

 

DSC03355.JPG

サイドに網がついたゴーグルのようなめがね。

付いてるレンズは牛乳瓶の底? 

 

最近はすぐにレンズを作ってくれるショップが有り、古いフレームを使うことが出来ます。

若いお客さんに好評です。

 

G8167¥11,000-

 

 

DSC03358.JPG

老眼用のめがね? 職人さん用かも。

下は人形用です。

 

テインズでは常時数点は置いていますよ。

 

画像 上 G7665¥11,000-

         下 G7396¥6,500-

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode