ビューリーに行って来ました。

2016.09.20 Tuesday

 

IMG_6507.JPG

念願のビューリーオートジャンブルに行って来ました。

 

ロンドンより車で3時間半、開催日前日の業者搬入日に入り2日掛けてじっくり?作戦です。

 

3日目の最終日にはオークションメーカーのボナムによる、

車・オートバイ・カーマスコットなどのオークションが行われますが、

今回は車は買わない?ので小物探しに徹する事に。

 

オークションブースの前にジャ、ジャギャ〜のCタイプが・・・

憧れの車であります。

どうやらオークションには出ない、見せびらかしのようでした。

まー、出ても億では落ちないと思いますが。

 

 

 

IMG_6508.JPG

実車をこんなに見れる事も無いので舐め回すように見ました。

このお尻いいですよね〜。

 

 

 

IMG_6509.JPG

当日会場は雨で可哀想でしたが、シート掛けて無かったのでラッキーでした。

この車についてはこのへんで!

 

 

 

IMG_6514.JPG

大テントの中には1920年代〜1930年代のレーサーやオートバイが所狭しと入っています。

外にはトラックやバスなど30台ほど買い主を待っております。

 

渋い色のウズレーサルーングリルのウズレーマークに明かりが点きます。

ティンズで以前2台ほど売りました(グリルだけ)。

 

今回もこの会場では無い所でグリル見つけましたよ!

 

 

 

IMG_6524.JPG

こちらも憧れのディフェンダー。売り物では無いそうです。

アルミボディーなので錆びない。内装はヨレヨレでした。

 

仕入れと日がな一日の車見学と幸せな2日間でした。

雨で大変だったんですが。

 

グッズの話は次回・・・

 

 

 

 


ミッレミリア 2015

2015.10.16 Friday
IMG_20151016_105354.jpg
2015のスタートに行ってきました。
あいにくの雨の中ピカピカの車が160台ほど集まっていました。
オースティン ヒーレー100−4


IMG_20151016_105440.jpg
前週に京都でブガッティーの大会があって、海外からの参加者もこの会に出ているようです。
こんなにブガッティーを見ることは多分無いと思います!


IMG_20151016_105459.jpg
オーナーは白人の上品な老夫婦。
やはり絵になります。


IMG_20151016_105531_BURST001_COVER.jpg
人だかりは堺正章氏、毎年参加のようです。
その他の有名人・篠塚健次郎氏・清水国明氏・横山剣氏・・・


IMG_20151016_105737.jpg
ほど良い赤のベントレー。
メッキ部分と塗装のコントラストがたまりません。


IMG_20151016_105746.jpg
スタートを待つ外国人参加者。
フェレンチブルーが雨に冴えます。


20151016_757150.jpg
小さなオースチン。かわいい!


IMG_20151016_111000.jpg
駐車場よりスタート地点へ
雨で少しカブリぎみでばらつくエンジン、がんばれ!!!


IMG_20151016_112904.jpg
原宿口のスタートゲイト
スタッフが慌ただしく動いていました。


IMG_20151016_120501_BURST002.jpg
12時。
いよいよスタート、4日間の長丁場
元気に戻って来て下さい。





 

大人のあそび?

2014.12.29 Monday
IMG_5782.JPG
楽しい贅沢な大人のお遊び?

朝5時起きして行って来ました、茂木サーキットの西コース。
おもちゃでしか見たこと無い車が沢山集まっていました。

友人が新品部品で組んだブガッティを数カ月前に購入、
整備が上がり走るとの連絡で勇士を見てきました。


IMG_5783.JPG
外装・内装ピカピカです。何やら解らないスィッチやレバーが沢山あります。
外装も少し赤の入った紺でキレイ・しかも刷毛塗り塗装と言うので2度びっくり!!!


IMG_5791.JPG
2度目の走行でテクニックが就いて無いと言っていましたが、なかなかな走りでした。


IMG_5784.JPG
いっしょに行った友人も走る予定でしたが、整備が間に合わず!次回と言うことで。
預けているガレージはこんなMGを持ちこんでいました。


IMG_5793.JPG
これは知り合いのPガレージが持ち込んだオースチン7・小さくてかわいい!!

ギャラリーは有名人がちらほら、元ホンダ社長のK氏や有名車雑紙CG編集長氏。
また、わたしの友人 KちゃんことK氏などなど!

寒さにめげず日がな一日楽しみました。






 

カニ目で散歩

2014.09.23 Tuesday
IMG_5295.JPG
夏の終わりに.久ぶりにわが愛車を動かしてアンティークメロディーまでドライブ!

我が愛車は1959年式 オースチン ヒーレースプライト マーク1であります。
本国イギリスでは.フロッグアイ(かえる目)日本ではカニ目と呼ばれています。

なかなか乗れる時間がないので.バッテリーを前日に充電しまして.オイルやラジエターを点検
タイヤの空気を調べようやくゴー!!!
天気が良く! 気持ちいいドライブでした!

そろそろこいつもアンティークの仲間入りか?

原村のアンティークメロディーへ行かれる方は、
お隣のペンション サイン・ポスト へ泊ってゆっくり楽しんでもらうのがお奨め。
気持ちのいいオープンデッキでのんびり出来ますよ!






 

イギリスの三輪車

2013.11.19 Tuesday


2013.10.127.jpg
買付けはデカイバンを借りて彼方此方行きます。
田舎のガソリンスタンドで一休み!

セルフのスタンドでは隣の車の持ち主としばし談笑?
こんな車に会うとほっとします。

多分1960年代のリライアント・リーガル 後に1970年代はロビンと言う名前で
1982年まで生産されたようです。

よく見ると、前輪がひとつ!
三輪車なのです。



2013.10.125.jpg
このオーナー、後ろがかわいいので写真撮れ!ということで・パチリ!
当時はバイクの免許で乗れて、税金も優遇されていたとか!

Mr.ビーンにもよく登場して、カーブで横倒しになっていました。
スピードの出し過ぎだね。

ルーフに載せた籠・ハウマッチ???






ビブとの遭遇

2013.07.18 Thursday


IMG_4578.JPG
配達の帰りに明治通りで遭遇しました!ビバンダム君
ちょっとヨレて穴などあいていましたが。元気なご様子???

ヨーロッパではトラックのミラーの上などに付けて.高速をガンガン走っています。
後ろに付けるの珍しい.このキャンパーの守り神かも・

今や貴重なビブ!盗難にご用心?





英国のサイドカー

2013.07.08 Monday


オートバイと言えば今際日本製が世界を席巻していますが.
1920年代(戦前)ごろには英国が世界をリードしていました。

沢山のメーカーが有り.アラビアのロレンスが乗っていたブラフ.シューぺリアや
レースで馴らしたべロセッタ.銃器メーカーだったBSAなどなど!!

IMG_4554.JPG
我がサイドカーと言えばBSA/A65にワトソニアンGPスポーツサイドカーであります。

一般的にはBMW(ドイツ製)が有名ですが.
英国のこの組み合わせもなかなかのバランスで.あります。


DCIM0556.JPG
30年ぐらい前に手に入れたので.かなりのビンテージになりました。↑(当時の写真)
写っているのは我が息子.30歳を超えました!

最近はアメリカのハーレーに仏壇の様なサイドカーを付けている.年寄り(金持ち風)
を見かけますが.このくらい軽快じゃないとね!!!

英国びいき過ぎるって・・・
好きなんですねー・・・イギリス?

欲しい方!ご一報ください。

MAIL thistle@tins-col.com
TEL&FAX 03-3499-2291  OPEN 12:00〜19:00 水休







ティンズ号の危機

2013.06.11 Tuesday


DSC05363.JPG
通勤途中にラジエターの温度が上がり始め.途中で水を足しつつ.明治道りで.ついにストップ。
道路の真ん中でしばし.ずずしく冷やしてなんとか店の前まで!

保険屋さんに連絡。ものの10分でレッカー到着。
しかしこの引っ張るタイプはわがティンズ号は車高が低いので使えず.
乗せるタイプに変更・・・


DSC05364.JPG
大袈裟なことに!日本の保険は外資参入でサービスよくなった!

16万キロを超える我が愛車なので.そろそろいろいろ出てくるかな?と思っていたら・・・
水回りのゴム類が限界だったようです。

車検も近いので.いつものドモンガレージへ。



IMG_4551.JPG
3日ほどで.復活。

引き取りに行くと、兄弟が来ておりました。
この修理屋さんでたまたま見かけたティンズ号が気に入り、
日本中探して名古屋で見つけたとのこと。

持ち主は出入りのパーツ屋さん。
車体はサンドベージュ色で.中も棚など取り付け.シートもレカロ・・・
床はなんとフローリング!

こちらも17万キロの老体でした。
お互いがんばろう???






憧れの英国車

2013.03.07 Thursday
 




20130211_165957.jpg

車仲間の友人から探していた車が手に入った!との連絡あり トライアンフ TR4a (通称トラ 4)
オールドイングリシュホワイトのカフェレーサー仕様ではありませんか・・・

トライアンフは1880年代.創業で最初は自転車製作で後に1900年代より
オートバイで有名になり.1940年代より車も加わり一世風靡しました。

TR4は1961〜67年間売られていたようです。
イギリスのメーカーがだんだん姿を消すなか.オートバイにトラが残っているようです。

20130211_170023.jpg
後ろ姿もセクシーではありませんか?
ブルーのロールバーがなかなか意気です。

遠い異国で元気に走ってもらいたい。また一人英国党が増えて嬉しいかぎりです。
がんばってGOODSを探さないと・・・






スプライトのDVD

2013.02.23 Saturday


DSC04442.JPG
来週 嬉しくない誕生日と言うことで.車のレストアーをするDVDを頂きました。

これがなななんと.イギリス・オースチンヒーレー・スプライトMK/1ではありませんか!
この顔が実に愛らしいですが.日本では カニ目.本場イギリスでは フロッグアイ(かえる目)
と呼ばれています。

実は同じ物を.30年前にロンドンに行った時に.購入/輸入して.今でも元気に走っております。
今は長野に置いてあり.顔を見るたびに癒されております!(色はオールドイングリッシュホワイト)



DSC04443.JPG
今の車に比べると.実にコンパクトで.デカイイギリス人が乗れるの?と思ってしまいますが。
ミニもそうですが.小さい車好きみたいですね!
特に大きい故障もなく.パーツもジャガーやMGなどとの共通部品有りメンテナンスが楽です。

イギリスではバックヤードビルダーも沢山いて.もっと古い車を楽しんでいますよ。
車の文化が根付いていて.羨ましいかぎりです。







calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode