オールドメガネ

2017.08.14 Monday

 

DSC03351.JPG

ロイドめがねでおなじみの丸めがねを紹介します。

 

時代の流行で縁が太くなったり細くなったり忙しいようですが、

1900年代には今のような丈夫な材料が無かった為、スチールや金が主流でした。

レンズも加工し易い丸がほとんどです。

 

イギリス人は顔が小さく横幅が狭いので、子供用かと思うほど幅が狭いです。

 

画像上 9金の丸型 G5540¥6,000- 

  下 レンズ部分にセルロイドを巻いた物 G7395¥12,000-

 

 

 

DSC03352.JPG

ケース付きのスチール製

めがね掛けているのは日本人というイメージです。

確かに白人はめがねのイメージ無いですね。

 

画像 上 G5539¥6,500-(ケース別)

   下 G4779¥8,500-(ケース付き)

 

 

DSC03355.JPG

サイドに網がついたゴーグルのようなめがね。

付いてるレンズは牛乳瓶の底? 

 

最近はすぐにレンズを作ってくれるショップが有り、古いフレームを使うことが出来ます。

若いお客さんに好評です。

 

G8167¥11,000-

 

 

DSC03358.JPG

老眼用のめがね? 職人さん用かも。

下は人形用です。

 

テインズでは常時数点は置いていますよ。

 

画像 上 G7665¥11,000-

         下 G7396¥6,500-

 

 

 

 

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode