本の話 (ゴルフ コレクション)

2020.07.21 Tuesday

 

 

DSC07642.JPG

イギリス発祥のスポーツは沢山あり、

中でも有名なのは、テニス・ラグビー・フットボール(サッカー)ですが、

なんと言ってもコレクションになっているのはゴルフのようです。

オークションのサザビーズなどでもよくセールが行われています。

 

 

DSC07643.JPG

この本はベン・クレンショー(イギリス人ゴルファー)の監修で

歴史とアイテムが網羅されています。

 

現在はカーボンなどの新素材でより飛ぶシャフトが主流ですが、

パターのような余り力のかからないクラブは

枝が木(ヒッコリー)の道具が市販されていて、

密かにバックに忍ばせているプレイヤーがいます。

 

 

DSC07636.JPG

1930年頃の革のゴルフバック

中身は6本でハーフセットのようです。

 

 

DSC07638.JPG

洒落で使う人はやはりパターぐらいで、ウッドなどはフェザーボールの仕様です。

ヘッドも鉄そのものからメッキ・アルミなど色々有ったようです。

鉄のさびている感じが人気です。

 

 

DSC07640.JPG

クロームメッキと珍しい真鍮のパター

 

 

G0661¥45000h930w260d120.JPG

これも珍しいキャンバス&革のバッグ

 

 

DSC07647.JPG

タイピン テニスや釣り等があります。

 

日本では立派なクラブハウスが当たり前のゴルフ場ですが、

イギリスではいつでも気軽に出来るゴルフ場が沢山あり

午後から小さい子供とプレイする様子が見られます。

 

夏は8時〜9時まで明るいので気楽に出来、

料金も15ポンド〜20ポンド(2000円〜3000円)ぐらいで楽しめます。

コースも日本ほど整備されていないけれども、十分楽しめますよ。

ただし!キツネとカラスには要注意です。

自然を残している施設が多いので!

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode