新入荷!

2020.06.29 Monday

 

 

DSC07528.JPG

ロンドンより久々の入荷です。

3か月ほど封鎖になっていたので、どうなるかと心配していました。

友人のショップも1週間前から開けているようです。

アンテークマーケットはまだまだのようですが、取り合えず入荷したので、一安心です。

グラスなど涼しげで可愛い物があります。

寄って見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 


初期のスージークーパーの話

2020.06.27 Saturday

 

DSC07474.JPG

十数年前に日本でブームとなったスージー・クーパーですが、

最近もNHKの番組で紹介されて人気が再燃?

 

本場イギリスでも根強いファンがいます。

主にスージーが自分のファクトリーを始める前の

”グレー&クラウン社に居た頃の手描きの作品は、ミュージアムアイテムで

貴重な作品と言えます。

 

1921年〜1930年のボーンチャイナは焼きがあまいために残っている物が少ないようです。

 

 

DSC07477.JPG

陶器の持つ乳白の温かさがいい感じです。

その上に描かれた素朴な絵付けが他には無いスージーの世界観が有ります。

 

 

DSC07476.JPG

刻印で年代が判ります。左の帆船印は1921年から、鹿は1932年から・・・

 

 

DSC07482.JPG

ブタのマグとデザート皿 物語の一部でしょうか?

 

 

DSC07483.JPG

1984年に亡くなってから

1987年にロンドンのビクトリア&アルバートミュージアムで

回顧録と収蔵が行われたようです。

このころから人気に拍車がかかったようで、特に日本で大ブームとなりました。

 

 

DSC07481.JPG

1931年と右のマグは1921年の刻印

グレイ社の物は現地でもまず見かけることは無いと思います。

テインズコレクションにあること事態 奇跡?です。

 

                             ブタと子供・皿とマグのセット G7438¥75,000

 

                      乗馬のマグ  G7437¥58,000  

 

                    ブタのマグ  G7436¥42,000                            

 

 

 

 

 

 

 


渋滞発生の話

2020.06.13 Saturday

 

 

DSC07249.JPG

ケースの入れ替えでミニカーをいったん外へ出していたら

大渋滞みたいになりました。

 

ティスプレイケースには物がびっしり入ているので

売れると大変な事に・・・

同じ大きさのケースが有れば良いのですが売れるのはレアな物が先に売れます。

もうイギリスでも出てこなくなりました。

テインズでは家具・ケースも売り物なのですが、そろそろ”非買に”???

早い者勝ちです。

 

 

DSC07250.JPG

ミニカーはイギリス車が中心になります。

ピントが合っているのがジャガーCタイプ憧れの車であります。

その向こうはアーストンマーチンDB5のジェームスボンドカーです。

こだわるので、買い付けは大変ですよ!

 

 

 

 


チョコレートメーカーの話

2020.06.11 Thursday

 

 

E4172¥356000h870w790d410.JPG

昔々 イギリスの北 ヨークと言う町にヘンリーラウントリーと言うお菓子職人がいました。

1862年にヨークで小さなチョコレート工場を始めました。

十年後には息子ジョセフがさらに事業を拡張して行きました・・・と言うお話!

チョコレートはイギリス発祥だって知ってましたか?ベルギーじゃないのよ!

 

イギリスにはいろんな町にチョコレートメーカーが有りました。

主にトフィー・あめ・ガムなどが作られていたようです。

 

カンやパッツケージのコレクターはメーカー別に集めている人が沢山います。

フライズ。マッキントッシュ。テリー。シャープス・・・

これもまた楽しい!

 

上の画像はチョコレートケース(マホガニ―材) 

1900年初めごろ上の飾りが無いものが多い、これはフルオリジナル。

 

 

 

E7954¥54.000w980.JPG

1910年頃のココアのホーロー看板。

王室御用達のワラント(紋章)が入っています。

 

 

G2043¥23000h210w170d105.JPG

トフィーのカン 1920年頃 いろんな大きさがあって子供のイラストが可愛いので、

カンコレクターにはとても人気があります。

 

 

DSC07236.JPG

カンの裏に印刷されているココア工場のイラスト

かなり大きい工場のようです。

周りはきっといい匂いが立ち込めていたことでしょう。

 

 

DSC07240.JPG

丸いカンの蓋に浮き彫りのロゴ

遊び心満載です。

 

デザインやパッツケージを勉強している人はもちろん、デザインに興味がある人も必見です。

このラウントリー1969年にマッキントッシュに、

1988年にネスレに吸収されたとさ!!!

 

 

 

 

 

 


ステンドグラスの話

2020.06.07 Sunday

 

 

DSC07222.JPG

ステンドガラスは色々有れど!

幾何学模様が多く、このような絵画的な物はなかなか有りません。

イギリスの家ではサンルームや道路に面したリビングに、

ガラス窓の上部にステンドが5・6枚ハマっているのをよく見かけます。

 

このステンドが家の改修などで出て来ます。(同じものが数枚揃って出て来ます。)

風景や紋章はドアや窓の真ん中に付けられていたものが多く数が少ないようです。

 

 

 

DSC07224.JPG

カントリーののどかな風景で落ち着ける絵柄で

住む人のやさしさを感じるステンドグラスです。

 

残念ながら入荷の時にガラスが割れてしまい、しばらくしまい込んでいました。

そろそろ修理してもらおうかと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昔 作った猫

2020.06.04 Thursday

 

 

28-RIMG0318.JPG

28年前 ホテルのコーディネートをしている時代にいたずらで作った猫が

建て替えで戻って来ました。

 

ホテル裏の入り口上のアーチに何か欲しいね! と言う事になりオーナーにOKをもらって

建築の設計者とウレタンを削ってペンキで色付け!

 

招き猫で気が付く人はほとんどいなかったと思いますが、気が付くと喜んでくれました。

 

風雨にさらされていたのですが、28歳とは思えないほど元気に戻ってきました。

奇しくもティンズと同い年!

 

どちらか店の招き猫にしようかと思っています。

来ましたら、ごひいきに!!!

 

 

 

 

 

 

 

 


本の話

2020.05.30 Saturday

 

 

DSC07212.JPG

ステイホームで読書?

アンティークのコレクション本や写真集をパラパラ見るのもいいですよ!

今回はブリキカンの関係本

 

興味を持って集めだして早や50年数年が経ちました。

最初はカンカラ集めてどうするの! と言う感じでした。

そのころは彼方此方の骨董屋でタダでもらえました。(懐かしい!)

 

最初は日本製のレコード針のカンが気になっていましたが。

西洋アンテークの店に行くようになってからは主にイギリスのカンにそそられて、

集めだした次第です。

 

イギリスに行きだしてから友人の紹介でカンのコレクターと何人か会いました。

そのうちの一人がこの本を出したデービッドです。

彼はロンドンのカムデンパッセージで高級アンティークショップを現在もやっています。

本自体はあまり売れなかったようですが、わたしにとってはバイブルののような本です。

 

 

 

DSC07214.JPG

向かって左下にある、鳥のカンがデービッドから買った最初のカン。

ブルーバードと呼ばれる有名な物。

いまではオークションでしか出てこないレアなカンです。

 

 

DSC07215.JPG

広告物を集めた本

ポスター・パッツケージ・カン・ビン・フィギュア等々

グラフィックデザインの参考になります。

 

 

DSC07216.JPG

昔あったメーカーの広告でコレクションアイテムの商品が見れて参考になります。

コピーをイギリスに持ち込んだり、送ったりして探してもらったりもします。

 

 

DSC07218.JPG

この本はカンのコレクション本でイギリスのみならず

フランスやアメリカの物も載っていて見ごたえあります。

 

何人かのコレクターが商品提供していますが、多く出しているのが確か女性のコレクターです。

フランスの雑誌にコレクションが載っていて

コレクションルームとその量に圧倒されたものでした。

 

 

DSC07220.JPG

我がコレクションも出版の話が何回かありましたが、日本ではなかなか難しいようです。

 

と言うわけでアンティーク関係の本やインテリア本が山とあるので

これからいろいろ紹介していきますよ!

 

 

 

 

 

 

 


見れました?

2020.05.29 Friday

 

IMG_20200529_143603.jpg

ティンズの店の前からも見れました、ブルーインパルス。

一糸乱れぬ編隊がうつくしい。

 

 

IMG_20200529_143735.jpg

あっという間に新宿方面へ。

 

 

DSC07191.JPG

飛行機雲もすっかり消えた空には、半透明の月が出ていました。

 

 

 

 

 

 


STAY倉庫の話

2020.05.28 Thursday

 

 

IMG_7696.JPG

皆様 いかがでしょうか。

大変な世の中になってしまいました。注意しながら負けずに頑張るしかないようです。

テインズも約2か月ほど時短と休業を行って来ましたが、徐々に通常に戻そうと思います。

 

自粛中は倉庫で眠っている商品などに、日の目を与えようと修理やペンキ塗りなどしていました。

錆錆だったシンガーのミシン足(網足)を黒の艶あり塗装でビカビカに仕上げました。

 

 

IMG_7697.JPG

網足はエレガントなので白ペンキでも雰囲気の良いテーブルの台になります。

これから感じの良い板を探して、天板を付ける予定。

 

 

IMG_7698.JPG

1900年初頭から60年代まで鉄脚で七実剛健に作られていましたが、

デザインは曲線を用いてエレガントになっていました。

 

 

DSC07189.JPG

長らく倉庫で隅に置かれていた舵輪もローズ色のステインを塗り、

艶ありのステインでピカピカに仕上げています。

 

まだまだ仕上げたい商品が沢山有ります。

どんな状態でも!

仕上げると生き返るのはやはりアンテーク物の力のようです。

 

 

 

 

 


ドラマの話

2020.05.26 Tuesday

 

イギリスの推理ドラマ「刑事モース」(←若い頃の方)(おじさん版も好き)、

大ファンなのでよく見ています。

ストーリーや役者さんはもちろんですが、相変わらずセットや小道具も素晴らしい。

 

映像の中に、ティンズにある商品を見つけるのが趣味のわたくし、

今回はシーズン1の中でこれを見つけました。

モースの愛車(になる)ジャガーの、車体の鼻先に乗ったカーマスコット。

 

お店にあるのは、置物に加工したもの。

この台、石かと思っていたら、面白い質感のベークライトでした。

優雅でかっこいいですが、どこかかわいらしさがあるのがこの時代(1960年代)の良さですね。

 

ドラマパトロール、また忘れた頃に結果報告いたします(笑)

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode