ガラスの話

2019.08.25 Sunday

 

IMG_7381.JPG

夏もそろそろ終わりですが、人気のガラスを紹介しましょう。

 

Poll Moll と言う1900年頃からのイギリスのブランドでエッチングとハンドカットのグラスです。

一年の2回開かれる大きなマーケットで80才過ぎのカップルがいつも扱かっていて、

他ではこんなにまとめて見れることがあまりないので、嬉しいです。

 

特にコップ類は使い勝手がいいですよ!

 

 

IMG_7380.JPG

金・土・日曜日の3日間開かれるアンティークマーケット

金曜の会場前はこのような状況初日は入場料も高いのに行列ができます。

約1700件のディーラーが出ていて、1日では見切れないほどです。

 

数十件の知り合いディーラーがいるので

この日のうちに目星い物はキープを頼みます。

 

と言う事で2日間走り回って荷物回収(車で)もうくたくたですが、たのしい日々です。

 

 

 

 

 


・・・に、似ている

2019.08.22 Thursday

DSC06379.JPG

初めてティンズに来店されたお客さんによく言って頂くのは、

「ジブリ映画に出て来そう」 「ハリーポッターみたい」 なのですが、

 

最近は「トイストーリーに出てたお店みたい」が加わりました。

上映中の最新作のシーンにあるようです。

どんな感じなのか、ちょっと気になっている今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ミニカーの話

2019.08.20 Tuesday

 

DSC06366.JPG

先週 サザビーのオークションでボンドカーが6億8000万円で落札されました。

今週はポルシェの1号車 タイプ64 が14億で落札されず? 

調べたところオークショナーの単純な発音違い(17と70)セブンティーンとセブンティ

で会場がしらけたらしく、商品がメインだけに”ケチ”がついて今も展示入札中だとか?

 

実車は買えないのでミニカーで我慢。

当店のアーストンマーチン DB5 です。

 

 

DSC06368.JPG

イギリス車は他にも色々あります。

40年代のロンドンタクシーとアーストンマーチン クーペ

 

 

DSC06370.JPG

ミニのAA ロードサービス車 ランドローバーディフェンダーのキャリアカー

などなど いかがでしょうか?

 

 

 

 


お向かいさんオープン

2019.08.17 Saturday

 

DSC06346.JPG

ティンズの向かいに、クラフトビールのお店、

”タムサン”さんがオープンしました。

 

お洒落な空間で、珍しいビールが楽しめますよ。

 

 

DSC06345.JPG

ビール以外にコーヒーなどもありまして。

 

 

DSC06343.JPG

ボケてしまいましたが、こちらタイミルクティー。

キャラメルのような風味でおいしい!

 

 

DSC06338.JPG

タイミルクティーのソフトクリームもあるんです。

こちらも初めての味。

甘すぎなくておいしい〜。

 

インスタグラムはこちらから  https://www.instagram.com/tamsang.tokyo/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アルフォンス ミュシャの缶

2019.08.11 Sunday

 

L0057 68,000h50w190d105.JPG

アールヌーボーの旗手 ミュシャのチョコレート缶がスペシャルルートで入荷しました。

EUでもオークションでしか出てこないアイテムです。

国立美術館での展覧会もすごかったですし、

今年の文化村でのちょっとカジュアルな展覧会も話題になっています。

 

売れない画家が女優サラベルナールの依頼でポスターを描き、

一夜にして有名になったという話はご存じの方も多いと思います。

 

商業的にもこのようなパッツケージや広告にも作品が使われていますが、

数も少なくコレクターも多いので、なかなか出てきません。

 

 

DSC06330.JPG

全体のタイル模様は細かくて婦人像が引き立つデザインで綺麗です。

1905年〜1910年くらいの製作ではと思われます。

 

 

DSC06331.JPG

タイルの細かさや色使いはこの手の缶であまり見かけません。

 

 

DSC06332.JPG

中もほとんど錆が無く100年以上とは思えない程度です。

「ミラー」などのアンテーク専門誌でも1000ポンド〜1500ポンドの小売のようです。

 

                       L0057 ¥68,000 h50 w190 d105  

 

 

G5334¥300000h630w505d30.JPG

もう一点 ミュシャの版画があります。

こちらはすごくレア―でないのですが、市販では人気が有り高値で売られています。

たまにこういう珍しい物に出会えるのも嬉しいです。

 

                 G5334¥300,000−h630 w505 d30

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お隣さん その2

2019.08.09 Friday

 

DSC06297.JPG

ティンズのお隣、床屋のROLLIN’さんの壁にかわいい栓抜き発見。

 

 

DSC06298.JPG

下のパン型は何かと聞いたら、空いた蓋を入れるんだそうで。

なんて親切(笑)。

 

 

DSC06300.JPG

オープンされてまだ一月半くらいですが、もう昔からあるような馴染ぐあい。

 

床屋さんのシンボルの”ぐるぐる”は少しゆっくり回っていて

不思議と気持ちが和みます。

 

 

 

 

 


全英女子オープンゴルフ

2019.08.06 Tuesday

 

DSC_0010.JPG

昨日より話題のゴルフ なんと20才の渋野さんが優勝しました。

 

コースがいつもの荒野のようなリンクスと呼ばれるような海岸沿いではなく

木々の多い日本のようなコースでした。

ウォ―バ-ン(Woburn) と表示されていたので、チェックしたところ、

買い付けでうろうろしている場所近くでした。

 

ウォ―バーンはロンドンより車で1時間半ぐらいの場所にあります。

マナーハウスを中心に鹿の公園ディアーパークとサファリが出来る広大は敷地が有り、

敷地の真ん中を抜ける道があります。

周りは幹線道路が有り、レンガの塀が数キロつづいています。 

これだけでもすごいです。

 

マナーハウスは見学もできます。

建物の一角にはアンテークのモールもあり高級品の家具などが売られています。

画像のゴルフ場は今回のコースでは無いと思いますが、

周りに3か所ぐらいコースがあり道沿いに見れます。

 

 

 

200704004.JPG

毎回 ヒースロー空港から直行する家具のショップ。

ウォーバーンの近くにあります。 

 

農場を丸ごと買ってバーン(納屋)をショップにしています。

入口の住まい奥が家具を入れている倉庫、更に奥に2棟あります。

 

到着して2時間ぐらいで日が暮れてしまいます。

買い付け終ってウォ―バーンを抜けるのは何時も夜中。

暗い道を車で走っていると、突然鹿が横切り、驚いたことがありました。

ぶつからないように注意しながら進みます。

 

 

 

DSC_0023.JPG

次の日には近くのセンターへ

この辺は小さな町(村)が点在していて、お気に入りのショップがぽつぽつあります。

 

 

DSC_0018.JPG

一角に元々の薬屋の残骸が残っていて、密かに狙っていましたが、

オーナーが息子に代わり非買になってしまいました。

と言う事で、次回行くときに細かいチェツクをしましょう。

 

まずは おめでとうございました。

 

 

 

 

 


ビスケット バーレル

2019.08.05 Monday

 

G7948¥45.000.JPG

暑すぎる 夏がやって来ました!

涼しげなガラス商品を紹介します。

ビスケットを入れて売るためのガラスジャーで、キッチンアンティークではお馴染みですが、

何を入れようか、考えるのが楽しい容器です。

 

お菓子メーカーがシップさんに置いた宣伝を兼ねた容器です。

 

                            G7948 ¥45,000

 

 

 

G7283¥80,000h220w190.JPG

中でも最もレア―なダルマ型のジャーです。

マーケットでもまず見かけません。 値段もかなり高くなります。

 

                            G7283 ¥80,000

 

 

G9095¥48.000.JPG

1900年初頭のハントリー&パーマー(缶や広告のアンティークの世界では有名なメーカー)

のジャー。

これもかなりレア―です。

蓋は新しいものですが、合うものを見つけました。

 

                            G9095 ¥48,000

 

 

G3209 3210¥19000×2.JPG

変わって家庭用のビスケットジャー。

 

木の樽型で中が陶器になっていて、日本では氷入れに使う人もいます。

イギリスでは一家に一台という感じです。

 

お宅にも一台いかがでしょうか?と言っても在庫はあまりありません。

悪しからず!

 

 

 

 

 

 

 


沙弥郎先生展

2019.08.04 Sunday

 

DSC06278.JPG

柚木先生の作品展が葉山の神奈川県立近代美術館で開かれています。

本日のEテレ(日曜美術館の後)のアートシーンでも紹介さていました。

 

先月アトリエにお邪魔したときに描かれていた、大作!鳥獣戯画も見られます。

型染め・版画・オブジェ・など多岐にわたる作品が、広い会場に展示されて大迫力。

 

95才のパワー全開です。

是非 ご覧ください。

 

アートシーンは今夜再放送されるので、こちらもぜひ。

 

 

 


虫眼鏡

2019.07.19 Friday

 

DSC06244.JPG

シャーロックホームズでお馴染みの虫眼鏡ですが、日本ではあまり見かけなくなりました、

イギリスでは古いデザインのリプロ品がアンティークマーケットでも売っています。

何年か前の型を使って作っていると思われますが、大量には出てこないので、判断が難しい

ディーラーも知らないで、古い物として売っていることもあります。

 

                       大 G9952a¥9,000  中 G9593¥13,000  小 G8585¥3,800

 

 

DSC06246.JPG

手の込んだ作りの物が多い。

綺麗なのでデスク周りのグッズとして人気があります。

これらもリプロダクション。

 

                           赤 G9679¥7,800  黒 G9952b¥7,500  白 G9952c¥7,500

 

 

DSC06250.JPG

これは正真証明、1900年初頭のルーペ。

ビクトリアン期の9金です。

                                                                         G8584 ¥38,000

 

 

DSC06248.JPG

持ち手のポッチをスライドすると、パッと開いてメガネになります。

この機能はなかなかです。 ○ズキルーペよりもお洒落?

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode