運河のはなし

2012.01.21 Saturday


DSC_0695.JPG
イギリスには.むかし全土に運河が張りめぐらされていました。
ヨーロッパ各地にも運河が.主要交通手段として発達しています。
特に平らで山が無いロンドンを中心としたイングランドは.運河によって発達していきました。
蒸気機関車が発明され次第に運河が使われなくなってもかなりの運河が残っています。

ここはロンドンの真ん中を東西に走るリージェント カナル(CANAL 運河)の西に有る
リトルベニスと呼ばれている ところ!

ここからカナルボートでカムデンまで.人が歩くぐらいのスピードで
一時間ぐらいのクルーズが楽しめます。


DSC_0709.JPG
左の黒いボートが.ナローボートと呼ばれている.定期運航の船
右のワインレッドのボートは係留されてティールームとなっています。


DSC_0698.JPG
運河は波もないので.水を切る音がここち良い。
船頭とアシスタントの二人で運航していました。


DSC_0712.JPG
トンネルや橋の下を通るので.低い視線で風景が見え.ロンドンバスとは.正反対の感覚です!


DSC_0717.JPG
沢山の船が係留されていて.住まいとして使われている物もあります。


DSC_0719.JPG
ナローボートはレンタルでき.家族で一週間から10日ほどの旅行をする人が多いとか!
運河は両側が道になっていて.気持ちの良い散歩コースにもなっています。

この道は船がまだエンジンが無かった時代に、馬で船を引くための道だったのです。


DSC_0728.JPG
歩道の上にあったリージェントカナルのお洒落なサイン。


DSC_0732.JPG
リージェントパークの北側 ロンドン動物園の間を抜けると.豪華な邸宅の裏側を通ります。


igirisu_156.JPG
ロンドンの真ん中にこんな静かな風景があります。
地方に行っても.道路と水面が同じ高さなので.運河が見えず.草原の真ん中に.いきなり
ヨットの帆が見えたりします。

同じ島国でも.山が多い日本とは違う風景が.新鮮でわくわくします。




イギリスのりす

2011.09.12 Monday

P1010382.JPG
ロンドンのリス  かわいいと言うかせせこましいと言うか.とにかく忙しいのです。
ティンズのお店のキャラクターがリスなのは.ご存じですか?
買い付けで忙しく.あちらこちらと回っているから!  では有りません!


P1010375.JPG
ハイドパークで休んでいる?
この公園で休んでいる時.周りをちょろちょろと走り回っています。
おせんべいやピーナッツを食べていると.近くに寄って来てピーナッツをねだります。

小さな鳥も.餌を手にかざすと.手元まで来ます。
人間に慣れているのか.おとぎの国のような事が.現実に起こります。
リスは私にとって癒しなので. マークにしました。


P1010080.JPG
イングリッシュオーク(どんぐり)がよくなっています。
ほんとにかわいい!!

リスの大好物。
採っては近くの木の根元に穴を掘り.埋めます。



P1010053.JPG
お腹がすいている時.ときどき食べています。
いたずら坊主なので.嫌われているものもいます。


DSC_0404.JPG
素早い動きなので.なかなかデジカメに収まってくれません。
大木が沢山あるロンドンは.沢山のリスがあちこちにいます。


DSC_0301.JPG
ロンドン南部のノースコートロードのある雑貨店のドアーにはまっている.アイアンワーク。
今の所 売り物では無いとのこと・・・
毎回 見に行ってしまいます。



オーガニックレストラン

2011.08.30 Tuesday


DSC_0307.JPG
ロンドンから1時間ほどで行ける.アンティークの町ルイス (LEWES)
小高い丘の城跡を中心に500メートル四方の小さな町です。

前回.紹介したライの町とほぼ同じサイズで.ライが教会がシンボルなのに対し
ルイスは古い城跡です。(11世紀に建立)

田舎暮らしに憧れるイギリス人が多く移り住んでいます。



P1010107.JPG
この町の中でも何時も人だかりが絶えないのが.オーガニックレストランのビルズです。
ロンドンにもオーガニックの店は沢山ありますが.ここは一味も二味も違います。


P1010109.JPG
ランチ時はかなり待たされること有り!
イギリス人は待つ事には慣れているので.延々と待ちます。 
 

DSC_0311.JPG
中も外も.何時もごったがえしています。
待つ人もディスプレイや店員の動きなど見ているだけで.楽しめます。


P1010119.JPG
ショウケースの野菜を使ったディスプレイ!
ケーキでは有りません! きれいきれい!


P1010112.JPG
メニューも豊富で味もなかなか。ロンドンにも出店してくれ!
今の所.隣の町 ブライトンに一軒有るだけとか?


P1010122.JPG
野菜やくだものも販売しています。 もちろん全てオーガニック!


P1010240.JPG
バナナのディスプレイは.アンティークのジャガイモの選別器。
GOODでした!





茅葺き屋根の家

2011.08.26 Friday
DSC_0093.JPG
茅葺き屋根・と言えば飛騨高山の合掌作りの家など.日本の専売特許と思われますが.
何の何の・・・イギリスに有ります・有ります。

カントリーサイドをドライブすると.あちこちで見かけます。
サッチドハウス(イギリス女性首相のサッチヤーの家と覚えると忘れない。)と呼ばれています。

400年は経っていると思われる.この家は100年前ぐらいの家の数倍の値段がするとか?
100年は自慢しないけど16世紀となると.自慢のようです。


DSC_0105.JPG
買い付けのたびにヒースローから直行する家具のデーラーが、4年前に買ったファームの母屋。

裏に広大な納屋が2棟と広大な牧草地が有り.
それぞれの納屋にアンティーク家具が山積されています。

日本円で2億円ぐらいとか? 広さと値段は比べようもないけど!



DSC_0097.JPG
窓の上のカットが.おとぎの国の家のようで.かわいい!
茅も乾燥しているイングランドでは.日本の数倍もちそうです。



DSC_0095.JPG
ムクリも柔らかいイメージを一層引き立てています。
保存も大変で.勝手に瓦やスレートに変えられないのです。

最近では日本の茅葺き職人が、イギリスで勉強しているようです。
がんばれ・・・サッチドハウス! 



ミシュランハウス

2011.08.23 Tuesday

igirisu_161.JPG
ミシュランハウスはサウスケンジントンステーションから5〜6分で行けます。

正面にベイブの大きなステンドグラスがあり左右には頭の様な照明がのっています。
夕方から夜に行くことをお奨めします。

もとは当然ミシュランの営業所だったようですが、今は様々なお店が入っています。

数年前に訪れた時は、奥の方にかなり大きいコンランショップ、
入口右にはかわいいフラワーショップがありました。

左側は地下にある、とても有名なオイスターバーの入口が有ります。
(オイスターは.滞在日に余裕が有る時に.挑戦した方がいいかも・・・)

 


igirisu_159.JPG
壁と柱はタイル張りで.柱の部分にモザイクタイルでビバンダムのイラストが描かれています。
”M”の書体も1920年代に使われていたアールデコ調です。



igirisu_160.JPG
横のステンドグラスも当時のポスターが元になったもの。


igirisu_162.JPG
サイドの入口も泣けてくるデザインです。
鉄とガラスとタイル・・・

ぐるぐる回って.何時までも見ていられます。
不審人物と見られていることでしょう? 何度行っても感激です。



ライの街 part1

2011.08.19 Friday
 DSC_0073.JPG
ライはロンドンから南東に位置する静かな港町。入江の奥にあります。

ロンドンからアシュフォード インターナショナル駅で乗り換え
ローカルの2両編成の電車で
のどかな田園風景を見ながら2時間ほどで到着します。

この年は南を回る買い付けルートに入れていたので.バンで行くことが出来ました。

イングランドの南は北と少し雰囲気が違って.丘があって林の間を抜けていきます。
天気や日差しも柔らかく.穏やかな気分になります。

丘の上から菜の花の広大な畑が.黄色い絨毯のように.あちこちに見られます。
この遺跡はローマ人がイングランドを支配していた時代の関所でしょうか?


igirisu_52.JPG
ライの街は500メートル四方の小さな丘に作られています。
街の真ん中の一番高い所に.教会が有ります。
古い街並みがきれいに保存されていて.世界中から観光客が.訪れています。


igirisu_54.JPG
玉石のペーブメントはとても特徴的ですが、歩きにくい!車が通るとうるさい!
海に近いので.石が沢山あります(南の海岸は砂ではなく砂利)。


igirisu_59.JPG
夏の保養地として.使っているコテージが多く有るようです。
有名人も沢山来ているとか!


igirisu_66.JPG
有名人がよく利用するのが.このイン(ホテル・レストラン)。 その昔海賊の寝ぐらだったとか!


igirisu_70.JPG
このマーメイドイン ポールマッカートニーや歴代の首相から有名な作家など.訪れた写真やサインが
額にかっこ良く(サインの色紙を貼った居酒屋とはちょっと違う)飾ってありました。
その中に.ジョニーデップ発見 映画(海賊の・・・)の下見か?


igirisu_83.JPG
ここも有名なティールーム この日はあいにくお休み  残念!


igirisu_85.JPG
いろいろな小道(抜け道)があちこちに!
半日見て歩くのに丁度良い街の大きさなのです。


igirisu_89.JPG
アンティークショップやかわいい雑貨屋.ティールームなどなど.有ります。

列車で行く場合は.一時間に一本しか出て無いので.要注意!

つづく・・・


江 

イギリスの犬

2011.08.13 Saturday
DSC_0024.JPG
犬・犬・犬・・・イギリスでは犬、フランスでは猫がそれぞれ勢力を誇示しています。
ですからイギリスでは猫が少ないせいか.野良猫はあまりと言うか殆んど見かけません。

イギリスの犬はその辺のガキ(失礼!お子様)よりお行儀がすこぶる良いのです。
きちんと.躾けられていて.公園などでリードを外して遊ばせていて.犬同士が鉢合わせしても吠えるのを見たことが有りません。
パブなどでも、ご主人と一緒に入りビールを飲み終わるのを静かに待つ光景をよく見かけます。


DSC_0070.JPG
種類も豊富で日本では見たことない犬種も沢山います。
日本のように変に流行があってプードルがはやると街じゅうプードルと言うようなことが無いのが.
大人の国イギリスなのです。


DSC_0071.JPG
後ろ姿がなにやら顔のようなわんこ!
主人が休んでいる間静かに休んでいました。


igirisu_12.JPG
知り合いのアンティークディーラーの犬、チャミー。
残念ながら最近老衰で天国に・・・ 広大な庭にお墓が作られていました。


igirisu_35.JPG
フェアーで荷物番? 飾りを付けたブル 吠えないので番犬にはならないかも!


イギリス08年10月 085.jpg
昔(最近まで)は犬にティーシャツを着せる日本人を笑っていたイギリス人ですが.
最近は少し流行かも?


イギリス08年10月 144.jpg
新しく仲間になったわんこ ガーデンのアンティーク物の品定め!


イギリス08年10月 177.jpg
アンティークセンターのマスコット しっぽは振るが顔がけげんそうです。


イギリス08年10月 208.jpg
日曜マーケットでのほのぼの風景 人間と犬の理想的距離感がそこに有ります。



 

ストリートマーケット

2011.08.06 Saturday
DSC_0081.JPG
ロンドンでは、あちこちでストリートマーケットが開かれています。

土曜・日曜はポートベロー、カムデン、グリニッジなどが有名ですが
イーストエンド(日本で言えば浅草・上野)でもブリックレーンなどで
お祭りのようなマーケットがあります。

今回紹介するのは、日曜日に開かれる花の市、コロンビアロードマーケット。
150年もの歴史があり、花だけでなく雑貨やレストラン、ギャラリーなど
色々と楽しめます。


DSC_0095.JPG
沢山の花を買い込んだ、カッコイイお姉さん。
さぞかし広くて天井の高い部屋に住んでるんだろうな・・・。


DSC_0363.JPG
馴染みのある花から、見なれない花、野草のような素朴な花まで様々。
なんといっても安い!
売り手の人も、アメ横のおじさんみたいな掛け声でたのしい・・・


DSC_0382.JPG
この花は色を吸わせて人工的に作っているようです。
日本人の花に対する感じとは、やはり少し違うのかな。


DSC_0387.JPG
近くの小学校の外壁のモザイク。
さすがに花の絵がありますね!
数十メートルに渡り、まさにストリートギャラリーです。


DSC_0394.JPG
30年位前に作られ、カケた所などはボランティアの人たちの手で
毎年メンテナンスされているようです。


DSC_0396.JPG
こんなカッコいいデカいトラックで、花を運んで来ます。


DSC_0403.JPG
若いアーティストやストリートミュージシャンが手作りの作品を売ったり
パフォーマンスをしています。

赤いマントの少女は、手作りのアクセサリーを売っていました。かわいい・・・
3人組のブルースはなかなか良かった。
バンジョウケースの中には、かなりのお金が・・・

とにかく、一日楽しめます。



イギリスのサイン

2011.06.17 Friday

 
買い付けでヒースロー空港に着き.すぐにM1(高速道路)で
北のディーラーの所に行きます。

M1は片側4車線も有り尚エスケープゾーンも広くとってあるため
100キロ以上で飛ばしてもゆったりした感じです。

しかも余計な看板などまったくありません。
行き先の表示だけ見て置けば.初心者でもわかり易く目的地に着くことが出来ます。

道路側は行けども行けども.牧草地で羊や牛・馬が草を食べ続けています。
日本のように野立ての看板などほとんど有りません。

広告を出したい企業は沢山あると思い.イギリス人に聞いた事があります。

景観を大事にするこの国では経済を犠牲にしても環境・文化を大事にしている! との事。

看板など立てると.その企業だけでなく土地を.貸した地主もブーイング・・・


BETTYS ヨークにあるイギリスでも有名なカフェ。
黒い外観に金文字のサインがシックです。
ロゴもスクリプトの柔かい書体に明朝体のかちっとした文字が
歴史と老舗の雰囲気を醸し出しています。

有名でもロンドンに店を出さないのは.北のプライドだそうです!



こちらは.リンカーンのオールドタウンにあるティールーム。
外観と同じ色のサイン。 モダンな書体でイタリア風な感じがします。



アイアンで切り抜いたサイン。  これだけ・・・でも十分わかります。



入口脇のメニューを兼ねたサイン。  英語だと何故かかっこいい・・・



ポップなティールームのサイン。 黒い壁にあざやかでかわいい・・・



メンズの洋服屋さんのサイン。  シャドーを付けた書体がかっこいい。
シャドーはイギリス人が好きで.トラックや汽車などには.よく書かれています。



何だか解からないサイン。  宝石店でした。
どういう意味か聞いていない。 何かな!と思ったらお店の勝ち・・・



今では少なくなったホウロウサイン。
駅や町なかなどで貼られていた1890年代の物。
高いけど買ってしまう・・・



外壁に直接描かれたサイン。  センスいいね・・・



パブの伝統的なサイン。
この絵を描く職人(画家)まだまだイギリスには居ます。

日本ではなくなった金箔押しの文字やイラスト入りなどまだ作られています。
ぬくもりがあって良いです・・・



窓のある風景

2011.06.12 Sunday

o0400026611286243335[1].jpg
 イギリスは家の造りがレンガを積むところから始まるのが.基本です。

200年も経つとレンガも汚れ.この家のようにペンキで白く塗る・塗る・塗る・・・

 

何回か塗ると.厚くなり.皮が剥がれるように割れてきます。

そうなると.全部剥がして元のレンガに戻したりしています。

窓などもいろんな色に塗り替えています。

 

改装や増築がなかなか出来ない(景観条例)国なので.

せめてもの抵抗(たのしみ)でしょうか?

ペンキ屋さんに行くと中間色の渋い色が沢山あります。


o0400026611286243336[1].jpg
レンガ積みの壁は厚みが30センチ以上あります。

窓枠と部屋内のカーテンの間に木製の雨戸が.おさまっています。

窓辺のプランターはあたりまえに綺麗にしてあります。


o0400026611286243337[1].jpg
いつも泊っているB&Bの窓辺  壁の厚みが判ります。


o0400026611286243339[1].jpg
MEW ミューと呼ばれている路地の奥まっている住宅。


o0400026611286243340[1].jpg
典型的な玄関と窓。

ドアーの横の下に有るのは泥を落とすためのシュースクレイパー。

18世紀以前は馬糞や人糞が道路に捨てられていたそうで・・・

 

窓はレースのカーテンがほぼ90パーセントぐらい掛けられています。

昼間は外から中が見にくく.明りを沢山入れる効果のようです。

 

夜 車で小さな村や町を通過すると.白熱電球の温かい明りが.

おとぎの国を通るように.見えます。

 

蛍光灯の明りなどあまり見たことない・・・


o0400026611286248429[1].jpg
ロンドンで見つけたステンドグラスをはめ込んだ窓。

レンガの積み方にもいろいろあります。


o0266040011286248421[1].jpg
カントリーサイドの小さな町のカフェの出窓。

カフェの部分だけ白ペンキでそのほかはレンガのまま・・・

 

出窓の屋根は鉛の板で作られています。

これもよく見ます。


o0355026611286248420[1].jpg
家の形もかわいいし窓もかわいい。 おばーちゃんもかわいい・・・



o0266040011286248423[1].jpg
これは誰が見てもかわいい・・・




calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode