シンガポールの旅 4

2019.10.14 Monday

 

39693.jpg

シンガポールの朝の定番はカヤトースト

熱いトーストにカヤジャムをぬって食べます。

カヤジャムはたまごにココナッツミルク・砂糖を煮詰めた物

目玉焼きがサイドメニューに付きます。

朝はこれで十分です。

 

 

 

IMG_7565.JPG

お昼はシンガポールのメインストリート

オーチャード通りへ、少し前に米朝のリムジンが行きかった所。

ここに高島屋が大きく構えています。

その裏手に気の利いたカフェがあり穴場になっているそうで、ここでランチしました。

味・量ともに日本人好みです。

 

 

39705.jpg

鳥カツサンドはたれがスパイシーでボリューム満点です。

サイドはコールスローとチップス付き

包みかたも最近東京でも見られるタイプ。

 

 

39703.jpg

食後は評判だと言うチーズケーキ。今流行のバスクチーズケーキです。

日本だとタルトのような大きさしか見かけませんが、ここのは大ボリュームでした。

 

 

39733.jpg

セントーサ島(ユニバーサルスタジオが有る)までロープウェイで行き見学。

夜はジャンバザールにある中華料理店へ。

数ある中華料理店で一番美味しいとの事(息子曰く)

手前は羽根つき餃子、酢豚など日本人好みの味でした。

 

さて、この後はベイサイドのイルミネーションイベントへ

続きは次回 お楽しみに!

 

 

 

 

 

 


シンガポールの旅 3

2019.09.22 Sunday

 

IMG_7506.JPG

旅行の楽しみはやはり食!

イギリスの買い付けでは食は二の次ですが、久しぶりの観光旅なので、

南国料理に案内してもらいました。(シンガポールに住む息子夫婦は食いしん坊)

ランチは有名な店 ソングファ 

肉骨茶(バクテー)と言う スペアリブの煮込みスープ

いつもこんな感じで並んでいるそうです。

 

 

IMG_7509.JPG

外の席では宴会が始まっています。

地元の人は良く食べますよ。

 

 

39525.jpg

お肉は柔らかで甘酢っぱいスープが美味しい

ごはんをスープに浸して食べました。

手前の揚げパンも美味しかった。

 

 

IMG_7520.JPG

少し街歩きをしてお茶の時間。

火鍋店が集まる通りへ

ここの目的はマンゴーのデザート

 

 

39519.jpg

中華料理店の店構えですが、デザート専門で賑わっています。

 

 

39517.jpg

マンゴーと寒天のようなゼリーに氷が入ったデザート

テーブルにメニューが敷いてありますが、すごい種類が有りました。

見た目よりサッパリしていて美味しい。

 

 

39593.jpg

さて、ディナーはリトルインディアのカレー屋へ

カレー屋 数あれどここが一番だそうです。

ココナッツカレーを頼んだら、なんとココナツヤシのの実に入って来ましたよ!

ナンも小ぶりですが、美味しかったので追加しました。

この後夜景のスポットへ 次回特集します。

 

 

 

 

 


シンガポールの旅 2

2019.09.17 Tuesday

 

IMG_7611.JPG

多民族・多文化の国 シンガポールは中華街、インド人街、アラブ人街とそれぞれに

雰囲気を醸し出しています。

金色の玉ねぎはサルタン・モスク

周りにはアラブのみやげ店が並んでいます。

お酒禁止の戒律故に厳格かと思いきや、一筋渡れば飲み屋街、ゆるいアラブがありました。

 

 

IMG_7612.JPG

モスクの中も見学しました。

外国人は暑いので薄着の人が多く上着を着せられます。

私も短パンでしたので、スカートをはかされました。

 

 

IMG_7613.JPG

バザールの中の香水用ガラス瓶屋さん

フレグランスやお香なども売っています。

アンテークではないけど、なかなかエキゾチックでした。

 

 

 

 

 


シンガポールの旅 1

2019.09.12 Thursday

 

IMG_7569.JPG

何年かぶりで南国に行って来ました。

憧れのラッフルズホテルを見ることが出来ました。

改装が終わったばかりという事で隅々まで真っ白でした。

流石に人気のホテルだけに宿泊もレストランも予約できませんでした。

 

 

IMG_7572.JPG

次々に入って来る車を裁いているインド系のドアーマン、カッコいい。

 

 

IMG_7580.JPG

長い回廊にビックリ!

こんなに広い敷地とは!

照明も当時(1920年代)のオリジナルのようです。

 

 

IMG_7583.JPG

冬の無いシンガポールでは観葉植物だらけで、蘭やブーゲンビリヤが

いたる所で咲いています。

巨大な植木鉢もあちこちで見かけます。

何処で焼いているのか、興味あります。

 

 

IMG_7598.JPG

有名なロングバー!

カクテル シンガポールスリングでこれもまた有名。

ピーナッツの殻を床に捨てることでもこれまた有名!

 

 

IMG_7604.JPG

ホテルのスーベニアショップ

アンティークのドームなどがディスプレイに使われていて、嬉しい。

パナマ帽を買いましたが、日本でかぶるかは???

 

次回につづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ガラスの話

2019.08.25 Sunday

 

IMG_7381.JPG

夏もそろそろ終わりですが、人気のガラスを紹介しましょう。

 

Poll Moll と言う1900年頃からのイギリスのブランドでエッチングとハンドカットのグラスです。

一年の2回開かれる大きなマーケットで80才過ぎのカップルがいつも扱かっていて、

他ではこんなにまとめて見れることがあまりないので、嬉しいです。

 

特にコップ類は使い勝手がいいですよ!

 

 

IMG_7380.JPG

金・土・日曜日の3日間開かれるアンティークマーケット

金曜の会場前はこのような状況初日は入場料も高いのに行列ができます。

約1700件のディーラーが出ていて、1日では見切れないほどです。

 

数十件の知り合いディーラーがいるので

この日のうちに目星い物はキープを頼みます。

 

と言う事で2日間走り回って荷物回収(車で)もうくたくたですが、たのしい日々です。

 

 

 

 

 


・・・に、似ている

2019.08.22 Thursday

DSC06379.JPG

初めてティンズに来店されたお客さんによく言って頂くのは、

「ジブリ映画に出て来そう」 「ハリーポッターみたい」 なのですが、

 

最近は「トイストーリーに出てたお店みたい」が加わりました。

上映中の最新作のシーンにあるようです。

どんな感じなのか、ちょっと気になっている今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ミニカーの話

2019.08.20 Tuesday

 

DSC06366.JPG

先週 サザビーのオークションでボンドカーが6億8000万円で落札されました。

今週はポルシェの1号車 タイプ64 が14億で落札されず? 

調べたところオークショナーの単純な発音違い(17と70)セブンティーンとセブンティ

で会場がしらけたらしく、商品がメインだけに”ケチ”がついて今も展示入札中だとか?

 

実車は買えないのでミニカーで我慢。

当店のアーストンマーチン DB5 です。

 

 

DSC06368.JPG

イギリス車は他にも色々あります。

40年代のロンドンタクシーとアーストンマーチン クーペ

 

 

DSC06370.JPG

ミニのAA ロードサービス車 ランドローバーディフェンダーのキャリアカー

などなど いかがでしょうか?

 

 

 

 


お向かいさんオープン

2019.08.17 Saturday

 

DSC06346.JPG

ティンズの向かいに、クラフトビールのお店、

”タムサン”さんがオープンしました。

 

お洒落な空間で、珍しいビールが楽しめますよ。

 

 

DSC06345.JPG

ビール以外にコーヒーなどもありまして。

 

 

DSC06343.JPG

ボケてしまいましたが、こちらタイミルクティー。

キャラメルのような風味でおいしい!

 

 

DSC06338.JPG

タイミルクティーのソフトクリームもあるんです。

こちらも初めての味。

甘すぎなくておいしい〜。

 

インスタグラムはこちらから  https://www.instagram.com/tamsang.tokyo/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アルフォンス ミュシャの缶

2019.08.11 Sunday

 

L0057 68,000h50w190d105.JPG

アールヌーボーの旗手 ミュシャのチョコレート缶がスペシャルルートで入荷しました。

EUでもオークションでしか出てこないアイテムです。

国立美術館での展覧会もすごかったですし、

今年の文化村でのちょっとカジュアルな展覧会も話題になっています。

 

売れない画家が女優サラベルナールの依頼でポスターを描き、

一夜にして有名になったという話はご存じの方も多いと思います。

 

商業的にもこのようなパッツケージや広告にも作品が使われていますが、

数も少なくコレクターも多いので、なかなか出てきません。

 

 

DSC06330.JPG

全体のタイル模様は細かくて婦人像が引き立つデザインで綺麗です。

1905年〜1910年くらいの製作ではと思われます。

 

 

DSC06331.JPG

タイルの細かさや色使いはこの手の缶であまり見かけません。

 

 

DSC06332.JPG

中もほとんど錆が無く100年以上とは思えない程度です。

「ミラー」などのアンテーク専門誌でも1000ポンド〜1500ポンドの小売のようです。

 

                  L0057 SOLD h50 w190 d105  

 

 

G5334¥300000h630w505d30.JPG

もう一点 ミュシャの版画があります。

こちらはすごくレア―でないのですが、市販では人気が有り高値で売られています。

たまにこういう珍しい物に出会えるのも嬉しいです。

 

                 G5334¥300,000−h630 w505 d30

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お隣さん その2

2019.08.09 Friday

 

DSC06297.JPG

ティンズのお隣、床屋のROLLIN’さんの壁にかわいい栓抜き発見。

 

 

DSC06298.JPG

下のパン型は何かと聞いたら、空いた蓋を入れるんだそうで。

なんて親切(笑)。

 

 

DSC06300.JPG

オープンされてまだ一月半くらいですが、もう昔からあるような馴染ぐあい。

 

床屋さんのシンボルの”ぐるぐる”は少しゆっくり回っていて

不思議と気持ちが和みます。

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode