アンティークフェア

2011.05.29 Sunday

o0400026611257804423[1].jpg 
イギリスのアンティークフェアーは毎日どこかで開かれていて.

年間の予定が本になって紹介されています。

 

教会などで開かれる10数件の物からショーグランドと呼ばれる広大な広場.又

飛行場などを使っている2000件〜3000件のディーラーが出るものまで.

色々あります。

 

日本で言うフリーマーケットはイギリスでは.カーブーツセールと言い、

オーガナイザーで明確に分かれています。

 

テニスで有名なウインブルドンなどで開かれるカーブーツセールなどを

覗くのも、思わぬ掘り出しものが有るかも・・・

 

上の写真はイングランド北部で開かれる1700件〜2000件のディーラーが出る

アンティークフェアー。

 

500メートル角ほどの芝生のフィールドと大きなホールが有ります。

外のフィールドにはテントが張られ

小さいテントは4〜5件の店.大きいテントは50〜100件が入っています。

 

インドアーのホールはコレクタブルやジュエリーなど

細かい物を扱うディーラーが200〜300件入っています。

 

いろいろな場所が遠くから解かるように旗が立てられています。

入場ゲイトなどが色分けされていて.レッドゲイト・イエローゲイトなどと呼び.

待ち合わせなどに使われています。


o0400026611257804425[1].jpg
ディーラーもイギリスだけでなくフランスやベルギーからも.トレーラーや

キャンピングカーでやって来ます。

 

この日は雨もようなので.車から降ろしていないディーラーもちらほら・・・


o0400026611257804424[1].jpg
ガーデン物やホーローを扱うディーラー。

雨が降ってもこのままです。


o0400026611257804422[1].jpg
だいたい大きいフェアーは3日間開かれるので.初日が勝負!

このような天気だとのんびり構えるディーラーが多い。 早く開けてくれ!!!


o0400026611257804393[1].jpg
このバードハウスはアンティークでは有りませんが.

ティンズコレクション でも扱っています。

 

天気がよいと気持ちのいいフィールドです。

お昼はBandBで作って来たおにぎりを食べます。

 

日本のディーラーには羨ましがられますが、イギリス人には驚かれます。

真っ黒なボールを食べているように見えるみたいです。

 



 


ねこカギ

2011.05.27 Friday


前回のカギの話のつつ”き

猫カギ見たいとのご要望に答えて載せてみました。

 

何度見ても”かわいい〜”

 

因みに隣にあるのは.ご苦笑(極小)のクマカギでした。

 

猫カギは在庫1個になっています。

急いで・・・





o0400030011253953951[1].jpg


くまカギ

2011.05.16 Monday


かわいいとはまさにこのこと。

そう言えば最近やたらと.”かわいい”という若者がいますが.

確か”かわいい”という表現を最初に使ったのは.日本最初のスタイリスト

ホリキリミロさんでは? 知らないか!

 

このクマカギ(通称)はイギリスでよく見かける鍵の形ですが.

大きい物は15センチぐらいの物もあり

.倉庫のでかいドアーや鉄の門扉などに使われ

小さい物は.ブレスレットの止めに使われている.1センチに満たない物もあります。

 

かわいいのは.耳があり.ちょうど目のあたりに窪みや出っ張りで.目があるやつ!

そういうのを探します。

 

鍵としても使えますが.アクセサリーにしても”かわいい”

 

くまだけでなく.キティーちゃんの様なねこ鍵もあります。

”かわいい”・・・              





o0400031511231986151[1].gif


イギリスのグリーン

2011.05.10 Tuesday

o0400026611219713574[1].jpg
買い付けに行くと季節の花々が、窓辺や店先に綺麗にかっこよく飾られています。

これはポートベローロードのフラット。

 


o0266040011219713575[1].jpg 
ロンドン ポートベロー入口のミニホテル。

 


o0400026611219713576[1].jpg 
ロンドン 中心部ストランドのストリート。

シティの給水車が朝水やりに来ます。

 


o0400026611219713582[1].jpg 
イングランド 南部アンティークの村 ペットワースの住宅の入口。

 


o0400026611219716226[1].jpg 
アンティークショップのフロントにも・・・。

 


o0400026611219716227[1].jpg 
こちらは花屋さん。

 


o0400026611219716228[1].jpg 
門にもさり気なく・・・。

 


o0400026611219716230[1].jpg 
コッツウォルドのイン(小さいホテル)。絡んでいるのはぶどうの木。

秋には実を付けます。

イギリス人の一番の趣味はガーデニングです・・・。

 


 


ミニカンの話

2011.05.05 Thursday


ミニカンとあなどるなかれ・・・

 

3センチ〜5センチほどのミニカンは.ノベルティーとして作られた物で.中にちゃんと

チョコやクッキーが一枚か二枚入っていました。

 

Rowntree社・Fry's社などの一流お菓子メーカーのものなど形や種類が

沢山あります。

地球儀や帽子、トランクに斧、果てはバナナまで・・・

同じメーカーの大きいカンより値段が高いものがほとんどです。

 

知り合いのイギリス人ディーラーが.自宅チョコレイトケースに

沢山コレクションしていて.売るとき声かけてと言うと.指で3本立てたので

3000ポンド(当時のレートで60万円)かと思いきや

ひと桁違っていました・・・





o0400030711207922695[1].gif


 


ヨークの生活博物館

2011.04.30 Saturday

o0373028011196688102[1].jpg
ヨークはイングランドの北 城壁に囲われた古い街並みで.

中世の雰囲気を残しています。

 

この町は鉄道マニアには有名な.二つの鉄道博物館がありますが.

今回はこの博物館では無くアンティ−クがざくざく有る.生活博物館を紹介します。

 

o0373028011196688101[1].jpg
 とても大きい建物で.中に1800年から1950年代の街並みと

ショップ、住宅、警察所、牢獄まで.リアルに再現されています。

 

中を歩いていると.路地で犬が吠えたり.人の話声が聞こえてきたり

.雨音やかみなりが鳴ったりして、飽きさせない仕掛けがあちこちにあります。

この部屋は50年代のキッチン。

 

o0373028011196688108[1].jpg
 1850年代の馬車のガレージ

 


o0373028011196688103[1].jpg 
馬車の消防車。

文字や紋章のペイントがカッコイイ・・・

 


o0373028011196688104[1].jpg 
ろうそくの製造工場

 


o0373028011196692998[1].jpg 
薬屋さんの店内。

薬のキャビネットが有ります・・・

 


 o0373028011196693000[1].jpg
1900年ごろのお菓子やさん。

中は当時のビンやパッケージが・・・

 

右の鉄のタブは雨水を貯めておくもの。

 


 o0373028011196693008[1].jpg
靴の修理工房のショーウィンド。

 


o0373028011196693011[1].jpg
馬具のショーウィンド。

 


o0373028011196693019[1].jpg 
本と文房具の店。

中でレターセットなどが売られています。

 


o0373028011196695227[1].jpg 
穀物や乾物の店。

当時のパッケイジデザインの角砂糖を買いました。

 

いろいろの道具がどの様に使われていたかが.よくわかります。

イギリスにはこのような博物館があちこちに有ります。

マニアの究極は博物館でしょうか・・・

 

                                           江


パブリックフットパス

2011.04.26 Tuesday

o0400026511188627841[1].jpg
イギリスには、パブリックフットパスという歩く権利を保証された道があって
川や農場、自宅の敷地内を自由に散歩出来るようになっています。
全土で24万kmもあるのだそう。

テレビや本で知って、イギリスに行った時は、ぜひ歩いてみたいものだ・・・と夢見ていたところ、
朝の散歩に出かけて念願が叶いました。


o0400026511188627842[1].jpg

o0400026511188627843[1].jpg
フットパスを歩いていると、柵を通るためのゲートに出くわします。
このゲートは羊が逃げ出さないよう柵を、持ち上げて、犬が通れるような造り。
調べてみると、いろんなタイプのゲートがあるようです。


o0400026511188627846[1].jpg
ちょうど犬の散歩をしている人に出会いました。
後ろ姿のシルエットがいかにもイギリス人らしいです。


o0400030011188627848[1].jpg
はるか向こうに見える赤い屋根の家が、我々の宿泊しているB&Bで、
このゲートまでがこの家の所有地・・・広いですね!

小さな小川も流れ、出発時間を気にしないで
鳥たちの声を聞きながら、いつまでも佇んでいたい気持ちです。 



イギリスの桜

2011.04.17 Sunday

o0265040011171548793[1].jpg
 4月の買い付けでイギリスの桜が見られるのは大変嬉しいことです。
日本のソメイヨシノはすぐに散ってしまうけど、
こちらは気候のせいで長期間美しい花が楽しめるようです。

この白っぽい大ぶりな花は、
ポートベローの高級住宅にマッチしていて美しい。


o0400026511171548792[1].jpg

o0400026511171548794[1].jpg
こちらの八重の中が濃いピンクの桜はキューガーデン傍の住宅の庭に。
藤の花との饗宴がすばらしい。


o0400026511171552417[1].jpg
この濃いピンクの桜、存在感ありますね。


o0400026511171552420[1].jpg
これは、桜ではなくピンク色のモクレンか?

この家のシンボルツリー。
家も庭木も素敵です。

o0400026511171552408[1].jpg
これはジューンベリー。

6月に実がなることから名付けられたそうで、
小ぶりの白い花と茶色っぽい葉がいい感じです。
秋には葉が真紅に紅葉します。

最近は日本でも苗が売られていて、
我が家でも6年前に植えて楽しんでいます。    


 


春の息吹

2011.04.17 Sunday
o0420027911171484253[1].jpg

o0420027911171484255[1].jpg

 

410

国際基督教大学構内は満開の桜。

もちろん桜の美しさには圧倒されるが、他の樹木の芽吹きの色や

枝ぶりにも目を向けると、又違う良さが見えてきます。



 ティンズコレクション

これはケヤキの木。

えんじ色のケヤキの新芽が膨らみ、小さな葉が出て、

だんだん黄緑色に変わっていきます。

近くで観察すると、小さな丸いものが。これは蕾?花?



 ティンズコレクション

こちらはモミジの小さい若葉。

赤いのは花だそうで、このあとプロペラのような実がなり

飛んで行くのだそう。



 ティンズコレクション

椿の花も今が見頃でいろんな種類がありました。

桜とのツーショットは、憧れの日本画の美の世界です。



 ティンズコレクション

 ティンズコレクション

桜の花びらと落ちた椿の花が地面を彩ります。



 ティンズコレクション

 ティンズコレクション

 ティンズコレクション

 ティンズコレクション
ソメイヨシノ、シダレザクラ、シダレハナモモの

見事な色の饗宴。

ピンク色の、花の洪水をたっぷり浴びた数時間の散歩でした。


キャドバリーのマグ

2011.04.12 Tuesday


キャドバリーはイングランドで100年以上の歴史ある.お菓子メーカーです。
日本でも有名なキットカットチョコレートはここの製品。
今はネッスルに吸収されてしまいましたが。。。

このマグカップは1930年代のアーリープラスチック製で
当時はやりのアールデコのデザインです。

アンティークマーケットでもかなりのレア商品で、このナイトキャップが残っている物が貴重です。
なんともいえない表情とキャップの赤い玉がかわいい・・・

キャップはコースターとして使えます。
夜ベットサイドに水を入れて置いたり、子供に薬などを飲ませるのに使ったとか・・・




o0443035011161731783[1].jpg

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode